バストアップ

【垂れ乳さんに教えたい】バストアップに効果的な筋トレ方法

バストアップに効く

胸の構造を理解してみよう

筋トレを始める前に、まずは胸がどんな構造でできているのかをご説明します。

胸は脂肪が9割、乳腺が1割で出来ています。
ほとんどが脂肪からできているんですね。

大胸筋

この胸(脂肪)土台となっているのが大胸筋なんです。

大胸筋を鍛えることによって、胸がしっかり支えることができて、下から上に持ち上げられるのでバストアップだけではなく垂れ乳予防にもなります。

小胸筋

小胸筋は大胸筋の下に隠れていて胸の上部あたりにあるので、小胸筋を鍛えることによって胸を上に引き上げることができます。

そして小胸筋は、女性ホルモンや栄養を胸に届ける役割があります。

この小胸筋は、硬く固まってしまいやすいので、鍛えるのと同時に柔らかくなるようにほぐしてあげることで胸に女性ホルモンや栄養を届けやすくなるんです。

胸鎖乳突筋

あまり聞きなれないですが、この胸鎖乳突筋は、大胸筋と一緒に胸を引き上げる役割があります。

首から胸に繋がっている筋肉なので、垂れ乳にも効果的です。

筋トレの効果はバストを引き上げるがけじゃない!

筋トレをすることで、胸が大きくなったり、垂れた胸を引き上げることが出来ます。

しかし、筋トレの効果はそれだけではないんです!

筋トレによって血流が回線されることによって、女性ホルモンであるエストロゲンや栄養素が胸に届きやすくなるんです。

胸ではなく血流が良くなることによって肌のハリが出てくれちゃいます。

バストアップのために筋トレする頻度は?

バストアップのためにする筋トレは、2,3日に1回でOKです!

毎日軽く行ってもいいですが、あまり慣れていない人はこのぐらいがちょうどいいですね。

筋トレすると胸が固くなる?

勘違いしやすいですが、自宅で女性がやる筋トレでムキムキになることはありません。

ジムなどで負荷をつけたマシンを使った筋肉トレーニングを行うと、ボディビルダーのようなムキムキの身体になってしまうこともありますが…。

バストアップのために行う自宅で行う筋トレであれば、そんな心配はありません。

バストアップに効果的な筋トレまとめ

バストアップに欠かせない筋トレは、時間が少しかかるし努力しなければいけませんが、自宅でお金をかけずにできるバストアップ方法です。

バストアップに効果がある食べ物と合わせて行うと、より効果的ですよ。