バストアップ

プエラリアとプエラリアミリフィカの違いは?どちらがバストアップに効く?

バストアップのことを調べている中で、「プエラリア」や「プエラリアミリフィカ」という成分がよく登場しますよね。

バストアップに効く!ということはわかっていても、その違いを知っていますか?

プエラリアとは

プエラリアはタイ北部やミャンマーの山岳地帯に自生するマメ科の植物の総称のことです。

プエラリアは複数の種類に分けられ、その中でも変色が少なく白っぽいものが【プエラリアミリフィカ】呼ばれ、この白っぽいプエラリアミリフィカのみが女性ホルモン様物質をたくさん含んでいます。

プエラリアミリフィカの効果

プエラリアミリフィカには、女性ホルモンであるエストロゲンと似た成分である植物性エストロゲンやプエラリンと呼ばれるイソフラボンが含まれています。
その量がなんと大豆の約40倍!

このプエラリンは大豆イソフラボンにはほとんど含まれておらず、プエラリンは美乳効果もあることから、プエラリアミリフィカが支持されています。

そしてバストアップだけではなく、美肌・美髪効果も期待できます。

プエラリアとプエラリアミリフィカの違いは成分

日本ではバストアップ製品にプエラリアミリフィカを【プエラリア】と表記することが多いです。

あまり区別して表記しないので、自分で成分を確認することをおすすめします。

プエラリアミリフィカと表記しているものであれば、より一層バストアップに期待できますね。

プエラリアは副作用が怖い?

バストアップ効果が高いプエラリアですが、副作用が強いことも最近話題になっています。

プエラリアの副作用知らずに服用するのは危険です。

プエラリアは女性ホルモンに似た働きをすることで、バストアップに繋がるという成分です。

女性ホルモンに似た働きをするものは他にも大豆イソフラボン(豆乳・豆腐・納豆など)にも含まれています。

豆腐や納豆を日常的に食べる習慣がある人は、プエラリアを摂取することによってこのイソフラボンの過剰摂取になる可能性があるんです。

バストアップサプリによって配合量は違いますが、大豆イソフラボンは70g以上で過剰摂取になってしまいます。

女性ホルモンはバランスが大切なので、たくさん分泌させればいいというわけではないんです。

プエラリアの健康被害はほとんどが女性

実際にプエラリアの健康被害が多かったのが10代20代の女性が半数以上!

頭痛・嘔吐・下痢・不正出血・湿疹など、身体の不調や女性特有の健康被害も多いです。

効果がある反面、副作用も強いため摂取には注意してくださいね。

バストアップサプリはボロン主成分がおすすめ

最近はプエラリアよりボロン主成分のサプリメントが主流になってきています。

ボロンはキャベツやりんごに含まれるホウ素でミネラルの1種です。

今現在ボロンの過剰摂取による副作用は報告されていません。

ボロンは熱に弱いので生で食べる必要があり、1日の目安量はりんご1~2個、キャベツは約2枚を生で食べなければいけません。

2、3日なら簡単かもしれないですが、加熱せずに「生」で毎日食べるのは結構大変です。

そんなときに活躍してくれるのがサプリメントです。

ボロン主成分のボンボンボロンというバストアップサプリメントは、初めて飲む人も試しやすい返金制度あり&1回限りの注文OK。

しかも、初回1,980円なので、りんごを毎日食べるよりも安いです・・・!

100円のりんごを1日2個食べるとしたら、
100円×(2個×30日)=6,000円!!

こう見るとなかなかのお値段ですね(笑)

ボロンの他にもエスラチン・コラーゲン・ヒアルロン酸などの3大美容成分も配合しているので、お肌にもいい♡

プエラリアより安全性も高く、安いのも特徴で続けやすい価格設定になっています。

プエラリアが怖い人にはボロンがおすすめですよ。