育乳ブラ

育乳ブラとナイトブラの違いは?効果と特徴まとめ

胸が小さい・形が悪い・横に広がっている、などといった悩みを持つ女性は多いのではないでしょうか?

そんな女性におすすめしたいのが単に「寄せて上げる」タイプのブラではなく、バストケア効果のあるブラジャーです。

そんなバストケア効果のあるブラジャーには、大きく分けて「育乳ブラ」と「ナイトブラ」の2つがあります。

今回は、それぞれのブラジャーの特徴や違いについてご紹介していきます!

育乳ブラの効果と特徴は?


育乳ブラとはその名前からも分かるとおり、バストを育ててくれるブラの事です。

通常のブラの代わりに日中に着用する事でバストに嬉しい効果が期待できます。

バストアップ効果

育乳ブラは、脇や背中、お腹などに流れてしまった脂肪をバストに寄せ集めることが出来ます。

しっかりとしたホールド力があり、寄せ集めた脂肪をバスト周りに固定し、定着させることでバストアップ効果が期待できます。

バストメイク効果

バストは乳腺と脂肪組織で出来ていて、その乳腺と脂肪組織を繋いでいる組織をクーパー靭帯といいます。

日中は常にバストに下向きの重力がかかっており、クーパー靭帯に負担がかかります。

ましてや歩いたり運動したりする度に振動でクーパー靭帯が伸び縮みし、バストの垂れに繋がってしまいます。

育乳ブラでバストをしっかり支えることでクーパー靭帯の伸びを防ぎ、バストの下垂を防いで上向きの形のよいバストを作ってくれる効果が期待できます。

育乳ブラの特徴

育乳ブラの特徴をご紹介します。

大きなカップ

育乳ブラは普通のブラよりも大きめのカップになっており、脇や背中、お腹などの脂肪をしっかり入れ込んでキープしてくれます。

ワイヤー入りでしっかりサポート

育乳ブラはバストの縦揺れを防ぐためにワイヤー入りの物が多く、下からしっかりと支えてくれるのが特徴です。

ナイトブラの効果と特徴は?

ナイトブラとは夜寝ている間に着用するブラの事です。

寝ている間にブラをつける事に違和感を感じる人もいるかもしれませんが、ナイトブラには美バストを目指す人にとって見逃せない効果が期待できます。

バストアップ効果

夜寝ている間は、寝返りを打ったりする事により仰向け、横向き、うつ伏せなどあらゆる方向から力がかかります。

そのため、バスト周りの脂肪があちこちに流れたり、押しつぶされてしまう恐れがあるのです。

ナイトブラには背中や脇に流れがちな脂肪を寄せ集め、毎晩継続して着用する事で定着させてボリュームあるバストへ導いてくれる効果が期待できます。

バストメイク効果

昼間は立ったり座ったりして過ごしているのでバストには下向きに力がかかります。

しかし先ほどもお伝えした通り、就寝中は仰向け、横向き、うつ伏せなどあらゆる方向から力がかかり、バスト周りの脂肪があちこちに流れたり、押しつぶされて形が悪くなってしまうリスクが高いです。

そこでナイトブラが役に立ちます。

ナイトブラは就寝中に様々な方向に動くバストに対応して作られているため、就寝中も形の良いバストをキープしてくれる効果があるのです。

ナイトブラの特徴

ナイトブラの特徴をご紹介します。

横や背中からサポート

日中に着るブラは下からバストを支える設計になっているのに対し、ナイトブラは横からバストを支えて固定する作りになっているのが特徴です。

ノンワイヤーで締め付け感がない


ナイトブラは快適な眠りを妨げないように、ワイヤーを使っていないものが多いのが特徴です。

育乳ブラとナイトブラの違いは機能性にあった

育乳ブラとナイトブラは、どちらも形の良いボリュームある美バストを育てるためのブラです。
しかし、昼と夜ではバストの動きが異なるため、それぞれの動きに対して、育乳や補正するための仕組みが違っているのですね。

時間帯に合わせてブラを変える事でバストケアの効果が高まり、快適さも格段にアップしますよ!